専門外来



     
     
     

 

禁煙外来

今でも、タバコでリラックスできると信じて疑わない人が多くおられます。 しかし、実際はタバコでストレスが増大しているのです。これが、タバコの罠、ニコチン依存症の怖さなのです。
 当院では毎日、禁煙外来を行っております。思い立ったらすぐ受診して下さい。
喫煙は厚生労働省も認めた「ニコチン依存症」という立派な病気です。その病気を治す手助けをするのが、禁煙外来です。2008年よりニコチンパッチという貼り薬だけではなく、飲み薬の禁煙補助薬「チャンピックス」(※1) が保険適用になり、禁煙中のイライラ感や吸いたい衝動を緩和し、禁煙治療をおこないます。

保険診療の適応について

 禁煙治療は、下記の4つの条件を満たせば、保険診療の適応となります。

以下のすべての要件を満たす者であること

① ニコチン依存症に係るスクリーニングテスト(TDS)で、ニコチン依存症と診断されたものであること。

② 35歳以上の者については、ブリンクマン指数(=1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上であること。
※2016年4月から、34歳未満に対しては指数の条件が撤廃され、未成年者への適用も可能となりました。

③ 直ちに禁煙することを希望している患者であること。

④「禁煙治療のための標準手順書」に則った禁煙治療について説明を受け、当該治療を受けることを文書により同意している者であること。

治療期間

 12週間で計5回(初診・2週間後・4週間後・8週間後・12週間後)の診察が必要です。

 

治療費

 保険適用となった場合、薬剤費を含めた自己負担額(3割負担の場合)は、ニコチンパッチ使用の場合で、約13,000円、チャンピックス使用の場合で約18,000円となります。

喫煙=ニコチン依存症は、病気です。根性だけではなく薬で治しましょう。

(※1)チャンピックス:ニコチンガムやニコチンパッチと異なり、ニコチンを補充しない禁煙補助薬で、ヘビースモーカーや何度も禁煙に失敗した人もお考えください。

 

乳腺外来 (乳がん検診・ご相談)

当院では、女性医師が乳腺外来の専門診療にあたっています。土曜午後(第2・第4)は医師・検査技師・スタッフ全員が女性ですので、安心して受診いただけます。

担当医師ご紹介

大井 香

大井 香 医師

担 当 曜 日

土曜午後(月2回、第2・第4)

経  歴

平成23年 大阪大学医学部卒業
平成23年~28年 東大阪市立総合病院、大阪厚生年金病院(現JCHO大阪病院)で勤務

資   格

マンモグラフィ読影評価A


当院の特徴と設備

さまざまな最新の検査機器を利用しながら、迅速な診断と治療にあたっています。以下に主な機器や施設などをご紹介します。

マンモグラフィー

乳がん検査に使用し、マンモグラフィー認定検査技師が担当します。 乳がんは早期に発見することが大切で、早く見つかれば、乳房を全部切り取ることなく、再発の可能性も非常に少なくなります。症状が無く、見ても触っても分からないごく早期の乳がんも、マンモグラフィーなら早期に発見できる可能性が高くなります。

乳腺エコー

乳腺エコーは、若年者の乳腺などには特に有効です。乳房を圧迫する必要がなく、痛みも全くありません。乳腺用の超音波診断装置を用いて、しこり(腫瘤)が良性か悪性か調べる検査です。超音波がしこりの内部を通過するとき、乳房の繊維部分では大きく吸収され、水分の多い部分では吸収されにくいので、その差によってしこりの陰影像が描き出されます。良性の乳腺症やしこりのようなものから、乳がんまで早期に発見することが出来ます。


乳がん検診(無料クーポン)について

無料クーポンがあります(対象年齢:40歳

   女性特有のガン検診推進事業により国が発行します。対象年齢の方には、市よりクーポンが送られます。
   (尼崎市以外の方でも、当クリニックにて受診可能です。


市が負担する「乳がん検診」があります(市内に居住する4月1日現在、満40歳以上で偶数年齢の女性

   検診料:2,200円(自己負担額)

  (生活保護・市民税非課税世帯に属する方は無料。保健所にて自己負担免除申請書により受診券の発行が必要です。)


安心のために定期的に、検診を受けましょう!

   上記に当てはまらない方も、乳がんは早期発見・早期治療で治る確率が高いがんです。

   一般検診料:6,500円


ご予約ください

予約専用ダイヤル:06-6412-9012


尼崎市内には認定施設が当院を含め14施設しかありません。
毎年2月3月には大変混み合い、予約が取りにくくなっております。お早目のご予約をお薦めいたします。

 

整形外科

当院では週2回、整形外科外来を行っております。
膝や腰などの慢性的な痛みや怪我などでお困りの方は、一度ご相談ください。

 

診療日時・担当医師

火曜午後5時30分~ 7時 中村医師

土曜午前9時~12時 井内医師(第1週)、山岸医師(第2,4週)、草野医師(第3週)※第5週の診療はありません。

 

 

もの忘れ外来

こんなこと気になりませんか?

□最近、もの忘れが増えてきた…

□肥満や糖尿病など生活習慣病の恐れがある…

□親や家族の様子が少し変わった気がする…

当院では、下記の検査を併用しながら初期の認知症疑いのご相談に内科医師全員が応じます。

MCIスクリーニング検査

【MCIとは】軽度認知障害(MCI=Mild Cognitive Impairment)。認知症の前段階で、認知機能(記憶、決定、理由づけ、実行など)のうち1つの機能に問題が生じてはいるが、日常生活には支障がない状態のことです。

アルツハイマー病はアミロイドベータペプチドという老廃物が脳に蓄積し、神経細胞を破壊することで発症します。この前段階であるMCIのリスクをはかる血液検査です。 この検査では、アミロイドベータペプチドの排除や毒性を弱める機能を持つ血液中の3つのタンパク質を調べることで、MCIのリスクを判定します。

■費用(自費):20,000円(税別) MMSE検査、検査前後の診察を含む

■施行可能日:月~土(午後3時まで)

APOE遺伝子検査

アルツハイマー病や認知機能低下に関与する重要遺伝子APOE-遺伝子の型を調べて、認知症の発症リスクを推定する検査です。APOE-4型を2本もっている人(ホモ型)は、認知症のリスクが15倍高まります。

■費用(自費):15,000円(税別) MMSE検査、検査前後の診察を含む

■施行可能日:月~土(午後3時まで)

ご予約ください

予約専用ダイヤル:06-6412-9012


Top